【ドラクエ10】クエスト598「良薬はキケンな香り」




【ドラクエ10】クエスト598「良薬はキケンな香り」

バルディスタ要塞の 道具屋にいる
魔族の女性 ボイアが
何か 困っているようだ。

受注場所と条件

受注場所 バルディスタ要塞 ボイア
受注条件
初回報酬 ・マゴニア草 :2こ
・経験値:79300 P、特訓スタンプ:159こ
リプレイ報酬 ・あやかしそう:1こ
・経験値:13200 P、特訓スタンプ:27こ

クエストの流れ

  1. バルディスタ要塞」の「道具屋(E-5)」に行く
    ・アビスジュエルで「バルディスタ要塞→バルディスタ要塞・入口」から移動
  2. ボイア」と話して、クエストを受ける
  3. バルディア山岳地帯」に行き、「キラキラ(B-2)」を調べる
  4. バルディスタ要塞」に戻り、「ボイア」に報告する
  5. バルディスタ要塞」を出て、城壁の小部屋にいる「ロア(D-4)」と話す
  6. バルディスタ要塞」に戻り、居住地区の「ナルベ(D-3)」と話す
  7. 城の前にいる「エントウ(B-4)」と話す
  8. 道具屋(E-5)」に戻り、「ボイア」に報告すると、クエストクリア

Ver5.0追加クエスト

 

クエストメモ(ネタバレ)

  • ボイア:いやーん どうしましょう。私としたことが材料の準備をしくじるなんて。このままじゃ最悪死人が出ちゃうかも……? あらウフフ。ずいぶん かわいいお客サマね。私はバルディスタの軍医 ロア先生の助手のボイアっていうの。よろしくね♥ あなたこの辺じゃ見ない顔ね。ちょうどいいわ。少し頼まれてくれる? ロア先生から頼まれて大急ぎで調合しないといけない薬があるんだけど材料が足りないの。調達を手伝ってくれない?
    ・うける
    ・やめる
    ありがとう。たすかるわ♥ 調達してきてほしいのは魔カブト草という植物の根っこよ。バルディア山岳地帯の北西に生えているわ。根っこごと優しく丁寧に引っこぬいてね。魔カブト草の根っこを採ってきたら私のもとへ戻ってきて。私はその間に調合の準備を進めてるから お願いね♥
  • 毒々しい色の花を咲かせた 植物が生えている。
    ○○は 根っこごと 優しく 丁寧に 引っこぬいた!
    ○○は魔カブト草の根っこを手に入れた!
  • ボイア:おかえりなさい! 魔カブト草の根っこを採ってきてくれたのね。そしたらこっちに渡してくれる?
    ○○はボイアに魔カブト草の根っこを渡した!
    あらやだ! あなた何の対策もせずにこれそのまま採ってきたの!? 魔カブト草は危険な猛毒なのによく無事だったわねぇ……。もしかぶれてきたらお姉さんが優しく消毒してあげるからいつでも言ってね♥ それじゃ調合の仕上げに入るわ……。
    ボイアは 魔カブト草の根っこをすりつぶし 複数の薬を手際よく調合していった。
    完成ね! あとはロア先生に渡すだけなんだけど私他にも仕事残ってるのよね……。そうだあなたにお願いしちゃおう! 今調合したものをこの薬箱に入れたからバルディア山岳地帯の城壁にいるシャドーサタンのロア先生に届けてくれる? さっきも言った通りすごく危険な猛毒も入ってるから気をつけて持っていってね。
    ○○はボイアの薬箱を手に入れた!
    城壁はバルディア山岳地帯のちょうど中央……バルディスタ要塞を出てすぐ左にあるわ。それじゃ よろしくね♥
  • ロア:まったく! 貴重な薬を無断で持ちだすなんて迷惑なヤツもいたもんだ。……ん? お前 俺に何か用か?
    ○○はロアにボイアの薬箱を渡した!
    ああ ボイアに頼んどいたブツだな。確かに受け取ったぜ。えーっと……
    ロアはボイアの薬箱から毒々しい色の小ビンを取りだした。
    魔カブト草の成分を抽出した毒薬だ。最近これを無断で持ちだしたバカがいてな。足りなくなって困ってたところだ。この毒を剣や矢に塗って攻撃するんだ。体内に入るとしびれや呼吸困難などの症状を引き起こすから敵を弱体化できるって寸法だ。毒とか罠とか回りくどい手はだいたいベルトロ様の発案でな。あの人はそういう作戦でどんどん成果をあげて出世したんだ。だが先のアストルティア侵攻のときはやけに消極的だったそうで軍議のときもなぜか歯切れが悪かったらしい。本当に何を考えているのか読めない人だぜ。……おっといけねえ。忘れるところだった。あとふたつ薬を届けないといけないが目を離せない患者がいてここを離れられねえ。ちょうどいいからお前頼まれてくれ。
    薬箱に入ってる薬をバルディスタ要塞にいる注文主にそれぞれ届けてきてくれ。終わったらボイアに薬箱を返すのも忘れずにな。殺虫剤は居住地区のナルベ。痛み止めは城の門番エントウ。使用期限が早いから先に届けてくれ。よろしくな。
    ロアからボイアの薬箱を受け取った。
  • ナルベ:毎日毎日 身体がかゆくて困ってるのよ! ところでアンタ私に何か言いたそうだけど……?
    ○○はボイアの薬箱から殺虫剤をナルベに渡した!
    フフフフ。ついに来たのね 最強の武器がッ! これで我が家に巣食う吸血妖虫どもを全部まとめてあの世に送ってくれるわ!! ………アラいけない。興奮しすぎてつい荒ぶちっちゃったわ。ストレスたまりまくりの日々だったからね。吸血妖虫は布団に住みつく凶悪な害虫でね。かまれるとかゆみが止まらなくなるの。これで私も夫も夜ゆっくり眠れるわ! ……私の夫はバルディスタ軍の兵士でアストルティア侵攻にも参加してたんだ。何者かの襲撃があってすぐ帰ってきたけどね。犯人はわかってないらしいけど。夫が出兵のときバルディスタ軍じゃ覚えのないヤツを見たって言ってたわ。それが帰りにはいなかったらしいからそいつが犯人の可能性が高いって話よ。きっと他国の陰謀に違いないわね!
  • エントウ:……クッ。気を抜くとやはり痛むな。だがこれしきの痛み バルディスタ兵なら根性でなんとか……ッ!
    ……オホン 何だ貴様。私に何か用か?
    ○○はボイアの薬箱から痛み止めを取りだしエントウに渡した!
    これは!? どんな痛みも消し去るというボイアスペシャルッ! やっと届いたか! ではさっそく……。
    エントウは大急ぎで痛み止めをクチの中に放り込んだ!
    …………効く 効く 効くゥ! 腰の痛みが魔法みたいに消えてなくなっていくゥ!! アストルティア侵攻の準備を急いでいたときあわてて大砲を倒し下敷きになって情けないことに腰をグッキリやってしまった。あの進軍はとにかく急に決定してな。気味の悪い笑みを浮かべた道化師めいたヤツがここを訪ねてきたのが始まりだった……。あまりに不審なので応対したベルトロ様が追い返そうとしたところ通りかかったヤイル様がそいつの話に興味を持ってな。アストルティアへの道がまもなく開く……と道化師は言っていた。それは有益な情報だとヤイル様はヴァレリア様に取り次いだんだ。あの道化師が何者だったのかわからんがヤツの顔を見たときに背すじが凍るような威圧感を覚えた。あれは何だったんだろうな? ……おっと無駄話がすぎた。配達ご苦労だったな。ボイア殿にくれぐれもよろしく伝えておいてくれ。
  • ボイア:おかえりなさーい。ロア先生ったらあなたに仕事押しつけたのね。困ったヒト。それで配達は無事に終わったのかしら?
    ○○はボイアの薬箱をボイアに返した!
    あら! 薬箱がからっぽ! ちゃんと配達できたみたいね。えらいえらい! それじゃ私からごほうびあげちゃう♥
    この国は戦争ばかりでしょ? そのおかげでケガ人もバンバン出るから薬もガンガン売れてかなりもうかるのよね♥ 一番のお得意様はベルトロ様! あの人すっごい飲んだくれだからよく二日酔いの薬 買いにくるの。その他にもやたら胃薬とか風邪薬とかいろいろな薬をたくさんお求めなのよ。きっと病弱なのね。でも何回か子供用の薬を買っていくこともあったわ……。もしかして隠し子がいるとか? 飲んだくれて病弱で隠し子までいるなんて……本当にどうしようもない人ね。あなたはそんな大人になっちゃダメよ♥

このページに関する写真のTwitterタグ・URLをコメントする

・スパム防止のため投稿は承認制です。
・投稿いただいても必ずしも採用されるとは限りません。予めご了承ください。
・Twitterのいいね・リツイート数、写真コンテストやトップ10掲示板、独自性の強いと思われる作品を中心に採用しております。
・種族別・男女別・体格差別などを優先します。
・アプリなどで加工されている写真は基本的に除外します。
・類似写真は投稿日時の古いもの、新しくても写真の撮り方が優れたものに差し替えることがあります。